カードローン借り換え良い点悪い点

役に立つ良い点悪い点

 

カードローン借り換えをすることはかしこく返済できるのですごくおすすめな方法だと紹介しました。
でも必ずしも良い点ばかりではありません。
やはり自分にとって都合の悪い点もあるでしょう。
そんな良い点悪い点についてまとめてみました。

 

カードローン借り換えの良い点

  • 低金利で借り入れをするので月々の返済額が減る
  • 複数の会社からの借り入れを一つの会社にすることで返済の見通しが立てやすい
  • 何かと1つの会社での借り入れだと手間が省けて楽になる
  • 低金利での借り入れになるので利息が少なくなる

 

カードローン借り換えをすることによって金利が今現在より低い金利になるので利息が少なくなり月々の返済額が減ることが1番の良い点と言えるでしょう。
月々の返済額が減ることで楽になり、また心の余裕も出てくるでしょう。
どうしてもお金を借りていることに変わりはないので誰しもが「毎月返済をしよう」と思うことです。
そんなとき返済額が高いことでより自分を追いつめてしまい心が折れてしまうことがあるでしょう。
カードローン借り換えの利用により心に余裕をもって、しかも返済の見通しを立てることができるので前向きになれるでしょう。

 

複数の会社からの借り入れの場合は何かと不便や面倒を感じることがあると思います。
それが1つの会社になることで手間が省け管理もしやすくなるでしょう。

 

 

カードローン借り換えの悪い点
はじめに悪い点と言えることなのかわかりません。
ちょっと都合が悪い点という感じだと思ってください。

  • 消費者金融などの貸金業者から借り入れをすると総量規制という法律で年収の制約がある。
  • 借り換えするときに上乗せして融資を受けてしまうことで借り換えまえより返済額が増えてしまう。
  • 複数から借り入れをしていると総量規制がある消費者金融などの貸金業者からの借り換えは返済専用のローンになってしまうことが多い。

 

カードローン借り換えで関係してくるのが総量規制です。
この総量規制消費者金融や貸金業者に関係する法律で、年収の3分の1以上の貸し付けができないという法律です。
そのため複数の会社から借り入れがある場合には1つの消費者金融などからの借り換えにしてしまうと総量規制が関係してきてしまうのです。
そして結果追加の融資を受けることはできず、返済のみのローンになってしまうのです。

 

でもこの返済専用がある意味良い点でもあるのかなって思うのです。
確実に返済額は減っていくのですから・・・

 

 

このようなカードローン借り換えには良い点の方が多くあると考えられています。
また悪い点で書いたように借り換えした後も借り入れを希望する人は総量規制が気になるとおもいます。
でもそんな方は銀行カードローンをお勧めします。

 

総量規制という法律は銀行には関係してこないのです。
だから年収3分の1以上の貸し付けもOKです。
カードローン借り換えなら銀行カードローンでの借り換えがかしこい返済かもしれません。