カードローン借り換え金利の基準

金利の基準

 

カードローン借り換えで最も重要なポイントとなるのが金利です。

 

良い点として挙げたように、金利が今の金利より下がることによって利息が少なくなり、月々の返済額が減ることです。
その点が魅力あるポイントなので今より金利が高いところで借り換えをする人はまずいないでしょう。
またカードローン借り換えは金利が今よりも下回ることが条件になっているのです。

 

では実際どのくらいの金利で借り換えをするのがいいのでしょうか?
低いに越したことはありませんが一定の金利のラインがありますのでその基準となる金利をおすすめしたいとおもいます。

 

借り換えの時の金額によって金利が変わってきます。
100万円未満の場合の金利の基準は15%以下がお勧めと言えるでしょう。

 

ほとんどの消費者金融などでの借り入れは17%〜18%ぐらいと言われています。
銀行のカードローンの場合は15%を下回る金利もあるようです。
この1%2%の差って金額にすると大事ですからね。

 

まずは100万円未満の場合は15%が基準かと思います。

 

100万円以上の高額な場合は12%を下回る金利がおすすめです。
そしてここでも銀行カードローンの方がお勧めです。

 

というのも複数社からの借り入れを1つにまとめた場合200万円以上になってしまうこともあるでしょう。
銀行カードローンは限度額別に金利がきまっていますので、10%を下回る銀行もあるのです。

 

消費者金融などで今の金利よりも1%低いところで借り換えるより銀行カードローンの方が低金利な場合がありますのでお勧めといえるでしょう。

 

まずはカードローン借り換えをして月々の返済額を減らしたいと思っているかたは金利さがしから始めてみてください。