カードローン借り換え限度額

カードローン借り換え限度額

カードローン借り換えではいくらまで借り入れが可能なのか気になるところです。
自分が借りたいとおもっている金額まで借り入れることができるかどうかで借り換えをするかどうか決める方も多いと思います。

 

そもそもカードローン借り換えは今現在の金利より低い金利のところで借りなおして返済するということです。
つまり借り入れを1件増やすわけではなくて今現在の借り入れを完済することが目的です。
必ず相手の会社に借り換えということをしっかり伝える必要があるのです。

 

それを言わないと通常の借り入れと一緒で50万円程度が限度額になってしまう場合があるのです。
完済目的なので完済金額よりも上回ることなく、しかも返済に問題がなければ支払い可能だと判断されるのです。

 

総量規制との関係

 

消費者金融や貸金業では総量規制という法律によって年収の3分の1までしか貸すことができなくなっています。
法律で貸したくてもかせないという状況なのです。
普通は年収300万円の人は年収の3分の1までの借り入れで100万円までとなりますが借り換えの場合は総量規制にも例外や除外、対象外などの特別なシステムがあり、借り換えは可能となっています。

 

消費者金融では

 

  • 顧客に一方的に有利となる借り換え
  • 段階的に債務を減らす借り換え

 

この2点については認められているので総量規制例外貸付として融資が認められているのです。
細かい条件のポイントはありますが簡単に言えば「今現在よりもいい条件で融資をしなくてはならない」というのが条件です。

 

例えば借り換えのために追加の保証人や担保が必要ない事や金利が今現在よりも低くなることなどがあります。
これらの条件を満たすことで消費者金融から総量規制例外貸付として年収の3分の1以上の借り入れができるということです。

 

消費者金融や貸金業側は法律のおかげで貸すことがなかなかできなくなっています。
でも借り換えでは総量規制例外貸付が可能なので積極的に融資をしたいと考えているのです。

 

 

では銀行カードローンではどうでしょう。
先ほどから何回も出てくる総量規制という法律は消費者金融や貸金業に適応する法律なので銀行カードローンには関係ありません。
そのため総量規制対象外として扱われるのです。

 

ここで注意する点は銀行側は返済能力を見て融資する金額を決めるので総量規制対象外だからと言って多く借り入れるというわけではありません。
また審査が甘くすぐに借り入れができるというわけではありません。
返済がスムーズでない状態など過去の返済履歴など見られるでしょう。

 

しかし銀行カードローンも個人ローンに積極的になっています。
消費者金融でも銀行カードローンでも限度額については法律での決まりはありません。
どちらも積極的な融資をしたいと考えているようですのでカードローン借り換えをしてみるとかしこく返済できるでしょう。

 

カードローン借り換えと同じくらい かしこく返済できるのが おまとめローンです。
おまとめローンについて詳しくは下を見てくださいね。